幼い子供2人で共働きでも日々気持ちよく過ごす家事分担等のコツ

夫です。

小さい子供2人がいて、
夫婦共にバリバリ働きながらだと上手にやりくい
しなければ生活がまともにできません。
家事と育児をしながら仕事に注力できません。

うちはケンカなど全くなく、
家事・育児・仕事ができていると思います。
日々気持ちよく過ごすことができていると思います。
大きく6つのポイントがあるのでご紹介します。

1.お互いの仕事状況をなんとなく把握

これが最も重要なことだと思います。
私と妻の会社は別ですが、各自の仕事内容、
大変さ、当人の会社でのポジショニングや
求められること、人間関係まで熟知しています。
これを理解しているので、
「あっ今大変な時期だから家事と育児を
率先してやろう。むしろ全部私がやって
妻には仕事に集中してもらおう」
逆に、「こっちが今しんどいので家事・育児を
甘えさせて~」が通じます。

夫婦間でお互いの仕事内容を伝えて
熟知し合うことで、助け合いを
心からできるようになっています。
※なので、家事の役割分担を明確にしていません。
気づいたほうがやるようにしています。
そのため、夫である私がすべての家事や育児を
できるようにならないといけないため、
各種洗剤の置き場所や妻のやり方など、
妻に家事の内容を教えてもらいました。

2.具体的なツール、グーグルカレンダーで予定の共有

夫婦共に仕事でGメールを使っているので、
グーグルカレンダーで夫婦だけが見ることが
できて使える共同の予定を作っています。
具体的には、
・子供の保育園の朝の送りが行けるかどうか
・子供の保育園の迎えが行けるかどうか
・帰宅時間は何時予定か
・夕ご飯はどちらが作るか
・特別なイベント
などを記載しています。
それも1か月先まで入力しているようにします。
また、直近2週間以内で保育園関連やご飯関連で
変更がある場合はグーグルカレンダーに入力と
LINEで連絡するようにしています。

3.夕食は1週間分(平日5日間)の献立をある程度決める(週末にある程度の食材を購入)

小さい子供がいるので、適当な夕食にできませんし、
外食やデリバリー続きも良くないので
協力し合って手料理をしています。
(もちろん適度に外食やウーバーイーツ、出前を
活用しています)無理をしないことが重要です。
疲れたーと思うときは外食やデリバリーをします。
基本的には、週末時点で翌週の平日5日間の
メインのご飯を定めます。月曜はお鍋、
火曜はシャケ、水曜は肉じゃが、木曜は外食、
金曜は餃子と麻婆豆腐とかですね。
それでざっくりですが、
ある程度の食材を週末もしくは月曜に買います。
食品の宅配も少し利用しています
(こちらについてはまた今後の記事で詳細をご紹介できたらと思います)

4.朝ごはんは手軽にする

朝の時間は貴重ですよね。
自分だけの準備なら楽ですが、
小さい子供の朝ごはんや身支度も対応しない
といけないので大変です。
なので、朝ごはんは手軽にしています。
あまり調理しなくても良いようにします。
昨日の晩御飯を多めに作って翌朝レンジでチンして
食べるとか、パンと果物、ソーセージを焼くだけ、
納豆、冷やっこなど、「調理をしないようにする」
を軸に朝ごはんを用意しています。

5.家事が時短になる家電は活用する

家事を楽にするため、家電は活用しています。
洗濯は、乾燥機を100%実施します。
電気代がかかりますが、それ以上に洗濯物を干す
という行為をなくすことで家事の負担を軽減しています。
また、クリーニングもそれなりに使っています。
食洗器も100%実施しています。
これも皿を洗うという行為を無くせるので家事の負担が減ります。
掃除機はダイソンのコードレスです。
ルンバもありますが、あまり使っていません。
家事が時短になるような家電は極力使うようにしています。
家事代行は頼んだことがありません。
家電の活用や夫婦の家事で間に合っています。

6.ベビーシッターや自治体の一時預かり保育の活用

家事は自分たちでやっていますが、
子供の面倒が最も大変なこともあり、
ベビーシッターや自治体の一時預かり保育を活用しています。
やりくいしていますが、
それでも夫婦2人共仕事でどうしても
子供の面倒をみられないことが発生します。
その際は、ベビーシッターをお願いしています。
ベビーシッターについては、
また詳細を記事にしたいと思っていますが、
お願いできる、頼れるベビーシッター会社が
複数ある方が良いと思います。
人不足の世の中ですから、
1社ではベビーシッターを呼べないことが発生します。
また、土日も仕事したい場合は、
自治体の一時預かり保育を利用しています。
私の住んでいる区内でいつも利用している施設では、
1時間1人800円で預かってもらえます。
民間よりも安いです。
(最終として民間で一時預かりしてもらえる保育園も
みつけてあります)
自治体の一時預かりですが、同じ区が運営しているのに
拠点によって設備環境や料金の支払いの方法や
応対が全然異なり、びっくりしています。
家から最も近い施設は対応が良くないため、
少し離れたほうの施設を利用しています。

ベビーシッターや自治体の一時預かり保育が
できる環境があるのでイレギュラーな
仕事の対応できるようになっています。

以上です。

僕が一番大切に思っているのは、夫婦のお互いの状況を理解して、
察して助け合って家事や育児をすることだと思います。

また、外部の助け(ベビシッター等)、
家電の活用、ITツールの活用をすることで、
仕事もしっかり集中し、家事、育児をやり遂げ、
幸せに暮らせると思います。

仕事, 子育ての関連記事
  • RPAにワクワクと孫正義さんのAI展開の講演を聞いて
  • 戦略を考える思考
  • 仕事や人生がうまくいくコツ④~応援してくれる人を増やす
  • TODO管理は手帳。手書きで整理し、計画的に仕事ができ、抜け漏れゼロ
  • 起業の調査のネットアンケートはここ!個人でもOKで安いです!
  • 生産性向上の取り組み事例
おすすめの記事
ミスターミニットで靴を修理して長持ち
生活コストを下げる
夫です。 以前の「生活コスト改善!靴の長持ち経験談。3か月が2年使えるようになった」記事であったように 靴の修理は、ミスターミニットがコスト...
幸福とは?アンソニーロビンズの教え
雑談
夫です。 数年前、幸福とは?アンソニーロビンズ氏のセミナーに参加しました。 その際に学んだ「幸福とは?」について私なりの解釈をしてお伝えさせ...