仕事や人生がうまくいくコツ②~会社の近くに住む

夫です。

昨日に続き、仕事や人生がうまくいくコツ
その2です。

「会社の近くに住む」です。
私は新卒入社以来、4回引っ越ししています。
全て会社からタクシーで1,500円以内の距離です。
電車を使った場合、家のドアから会社の入り口まで20分以内です。
相当こだわっています。

この考え方の根っこは
・時間は有限であること
・時間が最も貴重で優先すべきこと
・体力は年々減少していること
・健康を大事したいので移動時間を削減する
です。

移動時間ほど無駄な時間はないと思います。
(なので、最近はそもそも出張しない。
訪問しない、出社しない。ということでテ
レビ会議などのリモートワークを多用していますが。。。
これはまたの機会に投稿しようと思います)

おそらく大半の方は会社の近くに住むほど、
地代家賃などが高くなると思いますが、
1日往復で1時間の移動時間が減るだけでも、
睡眠時間を8時間とし、活動時間が16時間とするならば、
6.2%の時間を好きに使えることができます。
また、移動に使う体力を考えると、
実際は10%くらいの時間を創出したことになります。
40年働くとした場合に10%とは4年分です。
非常に多くの時間を生み出したことになるのです。

これもトレードオフの考えですね。
(一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという状態・関係のこと。
具体的な選択肢の長所と短所をすべて考慮したうえで決定を行う)
地代家賃などを高くなってでも時間の捻出と
体力の温存を重視したほうが自分にとって良いかどうかです。
おそらく大半の方は、会社の近くに住み、
移動時間を短くした方が良いはずです。

余談ですが、私は会社と家が近い人の方が
上記の考え上、仕事で成果を出すだろうと思い、
人事にお願いして調べてもらったことがあります。
目的は、サイバーエージェントの2駅ルール
(会社の最寄り駅から2駅以内に住むと住宅手当が出る)
のようなことを会社にお願いするためです。

結果は、実家に住んでいる人が最も会社で活躍していることでした。
これも納得がいく答えです。
実家に住んでいる=家事の時間が少ない=時間の捻出ができている
ということです。
実家に住みながら勤務できるかどうかは、
自分ではどうしようもないと思いますが、
会社の近くに住む選択はできると思います。

ぜひ、時間の捻出を大事にすると良いと思います。
(時間の捻出という点では、時短になる家電を使いまくる、
家事代行をお願いするなんてことも良いと思います)

仕事, 雑談の関連記事
  • RPAにワクワクと孫正義さんのAI展開の講演を聞いて
  • 戦略を考える思考
  • 仕事や人生がうまくいくコツ④~応援してくれる人を増やす
  • TODO管理は手帳。手書きで整理し、計画的に仕事ができ、抜け漏れゼロ
  • 起業の調査のネットアンケートはここ!個人でもOKで安いです!
  • 生産性向上の取り組み事例
おすすめの記事
お得に服を買う方法
生活コストを下げる
夫です。 「億万長者になる方法!米国で資産1億円超えの1,000人超の調査より」 の米国の億万長者は、中古で家を買う方が大半でした。 衣食住...