体験談!リビングに花。1,500円で納得のボリューム&2週間飾れる

夫です。

お家の中に花があるって、
非常に素敵なことですよね。

奥さんと一緒に暮らしてからなるべく花を部屋に飾っています。
言葉にはしづらい価値を得ていると思います。

部屋の間取りや広さによって、飾るべき花のサイズは変わっていくと思います。
現在の家のリビングはキッチンを含めて20畳超だと思います。
ダイニングテーブルに花を飾るようにしています。
花を飾っている方が運気が良く、極力花を飾るようにしています。

様々な花を買って最も費用対効果が高く
一番納得のいく花の買い方は以下の3つのポイントです。

1.近所の個人経営

昔ながらの個人経営の花屋さんがきっと近くにあると思います。
そのような店って入りづらいですよね。
青山フラワーマーケットや日比谷花壇などの有名店は入りやすく、
買いやすくて良いですよね。
もちろん上記した店はきちんとした接客対応をしてくれて、
花自体も長持ちします。
しかし、昔ながらの個人経営の花屋さんも素敵です。
安価でボリュームがあり、長持ちをします。

掲載した写真は家から徒歩2分くらいの
距離にある家族経営の花屋さんです。
一見入りづらいです。旦那さん、奥さん、息子さん
によって、花のボリュームや出来栄えが異なります。
旦那さんが最もボリューム多くやってくれます。
写真は、奥さんが作ってくれて1週間経った状態です。
いかがですか?1週間経った状態でも花も元気です。
私がやっているのは減った水を足すくらいです。
これは1500円+税です。お得だと思います。
だいたい2週間くらい花は元気に咲いています。

2.予算を言う

先に予算を言うことは費用対効果を最大にする秘訣のひとつです。
お店側も予算に合わせて最大限のパフォーマンスをしてくれます。
青山フラワーマーケットなどは1品ごとのばら売りもあり、
自分で選べるというメリットもありますが、
個人経営のプロに予算と希望を言うのが
最も費用対効果の高いの花を用意してくれます。

3.用途を言う

うちの場合はリビングで飾る用です。と言います。
さらに、テーブルは白です。とか補足で伝えると、
例えば春になってきたから明るい色を入れましょうか?
とか白いテーブルに合いそうな色で花を作りますね。
などと言ってくれます。

家に花があるととても安らぎます。花の匂いも癒してくれます。
家でどれだけリラックスできるかは人生の幸福において非常に重要なことです。
花を上手に活用することオススメします。

様々なかたち花の買い方にチャレンジしましたが。
家の近所の個人経営の花屋さんに予算と用途を言って
常連になるのが最も費用対効果が良く、満足度が高くなります。

雑談の関連記事
  • RPAにワクワクと孫正義さんのAI展開の講演を聞いて
  • 戦略を考える思考
  • 仕事や人生がうまくいくコツ④~応援してくれる人を増やす
  • お得に服を買う方法
  • 幸福度の頂点の年収、世帯収入、資産っていくら?
  • 億万長者になる方法!米国で資産1億円超えの1,000人超の調査より
おすすめの記事