子どもに風邪をひかせない 4つの秘訣

夫です。

幼い子供が2人いますが、12月~1月の2か月間で
保育園から子供が熱で呼び出しを受けたのは1回だけです。

最初の1人目の初めての冬の時期は毎週1回の
ペースで熱を出して保育園から呼び出しを受けて、
非常に苦労していたので、改善をしてきました。

当たり前の手洗い&うがいはもちろんですが、
(1歳児は手ピカジェルをこまめに)
以下の4点は効果がありました。
そもそも親が風邪をひかないように
移動中(特に電車内)はマスク着用や
十分な睡眠と適切な食事をしています。

1.部屋の湿度を高める(湿度50%~60%)

真冬でも湿度50%以上を保てるようにしています。
(インフルエンザは湿度を50%以上にすると激減します)
そのために写真を添付しましたが、大きなサイズの加湿器を使っています。

マイルがたまっていたので、3万マイル(3万円相当)くらいで買ったと思います。
一番パワーがあるのを買ったと思います。
実際かなりパワーがあり、常時使用してます。

2.冬の時期だけ寝る場所をリビングに変更

非常に効果ありました。
寝室があるのですが、寝室で寝る場合は、
1)床暖房がないのでエアコンを使用することで湿度が下がるという課題があること
2)静かすぎて少しの物音で子供が起きてしまうこと
3)(風邪に関係ありませんが)子供が寝付いた後は、親のどちらかはいないといけないので不便であったこと
課題がありました。
そこで、ソファはリビングの置くに移動させ、
床暖房が効く中央エリアにマットレスを敷いて寝るように変えました。
これが良かったです。
1)床暖房があるのでエアコン必要なし、湿度も50%~60%を維持
2子供が寝付いたあと、両親共に起きて仕事しても平気(こどもが常に見える範囲に入れる)
③多少の電気や物音も大丈夫

3.スリーパーの着用(寝巻にプラス1枚追加)

こどもの寝巻にプラススリーパーを着用しています。
上の子はスリーパーを嫌がるのですが、なぜか腹巻きはOKなので
腹巻きを着用しています。
このプラス1枚の着用が風邪から守ってくれています。

4.エアコンは使わず、床暖房重視

今冬も一度もエアコンを使っていません。エアコンを使うと乾燥するのが難点です。
元々は妻がエアコン嫌いだったこともあり、それならなんとか床暖房で対応できないか?と思い、床暖房+ラグを上手に活用すれば部屋の中は暖かいです。
これで十分ですね。

以上です。この4点をするようになってから
劇的に風邪をひくことが減りました。
非常に良かったです。

子育ての関連記事
  • 4つの保育園を体験して分かった。保育園の選び方のポイント
  • 子どもとお出かけ 東京ベスト5
  • コストパフォーマンスの高い子ども服の買い方 4種類
  • 子どもに風邪をひかせない 4つの秘訣
  • 体験談!東京のベビーシッターのおすすめ
  • 共働き&子育てでも仕事がうまくいくコツ&年収を上げ続けるコツ
おすすめの記事
生産性向上の取り組み事例
仕事
夫です。 生産性向上を考える観点です。 1)やめる・なくす 2)減らす 3)お客様にしていただく 4)金額を上げる(orサービスの提供量・時...
幸福とは?アンソニーロビンズの教え
雑談
夫です。 数年前、幸福とは?アンソニーロビンズ氏のセミナーに参加しました。 その際に学んだ「幸福とは?」について私なりの解釈をしてお伝えさせ...
戦略を考える思考
仕事
夫です。 新規事業や既存事業を大きくスケールアップさせるためには 戦略的な思考が必要です。 私自身、戦略について学び直しをしており、 その学...