日報を活用したマネジメントが上手で伸びている企業

夫です。

人手不足の現状、離職率を下げる(適正)
にすることが非常に重要です。
多くの企業に日報を求められています。
その日報を上手に活用してマネジメントや
業績アップのヒントにして業績を伸ばしている企業が
2社がありますのでご紹介します。

1社目は、セイコーマートさんです。

出店の大半が北海道なので、
ご存知ない方も多いかもしれませんが
北海道NO1のコンビニです。
セブンイレブンなどの大手コンビニよりも
北海道は1番店舗数が多いコンビニです。
大手が出店を控えるような人口が少ないエリアでも
出店する社会的な貢献意識も高い企業です。

非常に優秀な企業で大手コンビニが苦戦するほどです。

社長は自社を総合流通業と言っていました。
ユニクロのように、食品の原料から生産、物流、小売まで自社でやっています。
そのため安価で高品質の商品を提供でき、業績が伸びています。
例えば110円+税パスタは人気商品ですが、
(※食べましたがボリュームもあって美味しいです)
他社から仕入れるとパックでなく、
自社生産すると原価は1/6になります。
ここまで追求した取り組みをしているからこそ、安価な価格で提供できています。

社長が仕事において1番時間をかけているのが日報を読むことです。
それも1日3~4時間かけて丁寧に読んでいるそうです。。
他にもお客さまの苦情やスーパーバイザーの訪問レポートもあります。
日報を熟読することで変化や顧客のニーズ、社員のニーズを把握し
重要な決断が適切に瞬時にでき、業績が伸びています。
顧客満足が高く,時代の変化にも合わせられています。

2社目は、北海道銘菓で有名な六花亭です。

ご存知の方も多いのではないでしょうか。
マルセイバターサンドは食べたことがある人が
多いことでしょう。
私は、ストロベリーチョコホワイトが一番好きです。。

六花亭さんが素晴らしい点が2点あります。
1) 既存商品の磨きこみ
有名なマルセイバターサンド(※売上構成比40%くらい)は
常に商品開発し続けて磨き込んでいます。
消費者のニーズをくみ取り、小さな変化を続けています。
だから継続して売り続けるんですね。

2)社内報を毎日発刊
全社員が毎日231文字以内で気づきを投稿します。
(今回のテーマの日報ですね)
毎日700以上の投稿があり、社長が全て読んでいます。
心に残った80の投稿記事をピックアップし
社内報として毎日発刊しています。
社長がコメントも書いており、
この取り組みに毎日4時間半~5時間かかっています。
この活動によって改善策がみつかり、
業績向上につなげています。
また、社員間のコミュニケーションに役立ち、
離職率も適正になっているのです。

仕事, 雑談の関連記事
  • RPAにワクワクと孫正義さんのAI展開の講演を聞いて
  • 戦略を考える思考
  • 仕事や人生がうまくいくコツ④~応援してくれる人を増やす
  • TODO管理は手帳。手書きで整理し、計画的に仕事ができ、抜け漏れゼロ
  • 起業の調査のネットアンケートはここ!個人でもOKで安いです!
  • 生産性向上の取り組み事例
おすすめの記事
ミスターミニットで靴を修理して長持ち
生活コストを下げる
夫です。 以前の「生活コスト改善!靴の長持ち経験談。3か月が2年使えるようになった」記事であったように 靴の修理は、ミスターミニットがコスト...
子どもとお出かけ 東京ベスト5
子育て
夫です。 小さい子どもを連れて東京都内の 様々なところへ遊びに行きました。 個人的に良かった東京ベスト5です。 (東京都外もありますが。。。...
戦略を考える思考
仕事
夫です。 新規事業や既存事業を大きくスケールアップさせるためには 戦略的な思考が必要です。 私自身、戦略について学び直しをしており、 その学...