幸福度の頂点の年収、世帯収入、資産っていくら?

夫です。

幸福度の頂点の年収、世帯収入、資産っていくら?
気になりますよね?
私は気になって調べました。

諸説ありますが、金額がある程度近いので
正しいことでしょう。

・年収700~800万円
・世帯収入1,500万円
・純金融資産1億円
です。
これ以上の金額が増えても
幸福度はあまり変わらないです。
人生で最低限上記の金額に早期に
たどり着くのが幸福への道のひとつなのでしょう。

年収700万円

確かに独身時代に年収700万円超えた時点で
お金の心配がなくなりました。
給与明細は見ないし、通帳も見ません。
給与日を気にすることがなくなりました。
普通に生活していれば、
お金が足りなくなることが無くなったからです。
年収400万円のときは生活費がギリギリでした。
給与前になるとお金が枯渇してきて、
計算してやりくいしていたことを思い出します。
なんとか毎月5,000円くらいは投資。
賞与時に数万円投資に充てれたくらいでした。
年収700万円のときは、毎月5万円投資、
賞与時に10~20万円投資してました。
また、結婚しても妻を養っていけると実感が持てたのも
年収700万円でした。
ちなみに年収700万円超えた際に結婚しました。

世帯収入1,500万円

こちらもお金の心配はありません。
家族4人いますが、
子どもの習い事などにちゅうちょせずに投資できます。
収入の15%~20%は投資できる余裕もあります。
食べたいときに外食に行けますし、
買いたいものは大抵買えます。
(もちろん高級すぎるものはNGです)
年数回の家族旅行にも行けます。
一般的な生活する分にはお金の心配はなく、
貯蓄・投資ができています。
逆に世帯年収1,200万円くらいだと
家族旅行に行くのに悩む感じです。
収入の10%~15%を貯蓄・投資にまわせる感じだった記憶があります。
もちろん、ものすごい贅沢をするわけでもないし、
ものすごく質素しているわけでもないといった生活です。
1人あたり3万円の高級ディナーを毎週食べにいくなんてやると
貯蓄・投資にまわせるお金は無くなります。

純金融資産1億円

純金融資産とは、金融資産―借金(借入)でプラス1億円がある人です。
例えば家を購入し、家を完成した上で、貯金や株券の合計で1億円あるということです。
これは、まだ未体験ゾーンなので想像になります。
が、資産1億円あれば、3%の運用で年間300万円の収入があり、
家は、修繕費、管理費、固定資産税だけ払えばいいので、
いざとなれば、働かなくても生きていけるという安心感があると思います。

資産形成, 雑談の関連記事
  • 幸福度の頂点の年収、世帯収入、資産っていくら?
  • 億万長者になる方法!米国で資産1億円超えの1,000人超の調査より
  • 賃貸か購入か 体験談より結論
  • お金が貯まる!ストレス少ない!共働き夫婦のお金・お財布事情
  • 財布は持たない。キャッシュレスで効率化&特典でお得な生活
おすすめの記事
子どもとお出かけ 東京ベスト5
子育て
夫です。 小さい子どもを連れて東京都内の 様々なところへ遊びに行きました。 個人的に良かった東京ベスト5です。 (東京都外もありますが。。。...
賃貸か購入か 体験談より結論
資産形成
夫です。 賃貸が良いのか、自宅を購入した方が良いのか 様々な議論が世の中でされています。 私は分譲マンションを購入しましたが、 結論は、賃貸...
ミスターミニットで靴を修理して長持ち
生活コストを下げる
夫です。 以前の「生活コスト改善!靴の長持ち経験談。3か月が2年使えるようになった」記事であったように 靴の修理は、ミスターミニットがコスト...
生活コスト減!書籍代を下げる工夫
生活コストを下げる
夫です。 成長において読書は必須です。 本から雑誌まで一定数読むことが当たり前です。 私は日経新聞なんかも毎日ワクワク楽しみながら読んでいま...
戦略を考える思考
仕事
夫です。 新規事業や既存事業を大きくスケールアップさせるためには 戦略的な思考が必要です。 私自身、戦略について学び直しをしており、 その学...