幸福度の頂点の年収、世帯収入、資産っていくら?

夫です。

幸福度の頂点の年収、世帯収入、資産っていくら?
気になりますよね?
私は気になって調べました。

諸説ありますが、金額がある程度近いので
正しいことでしょう。

・年収700~800万円
・世帯収入1,500万円
・純金融資産1億円
です。
これ以上の金額が増えても
幸福度はあまり変わらないです。
人生で最低限上記の金額に早期に
たどり着くのが幸福への道のひとつなのでしょう。

年収700万円

確かに独身時代に年収700万円超えた時点で
お金の心配がなくなりました。
給与明細は見ないし、通帳も見ません。
給与日を気にすることがなくなりました。
普通に生活していれば、
お金が足りなくなることが無くなったからです。
年収400万円のときは生活費がギリギリでした。
給与前になるとお金が枯渇してきて、
計算してやりくいしていたことを思い出します。
なんとか毎月5,000円くらいは投資。
賞与時に数万円投資に充てれたくらいでした。
年収700万円のときは、毎月5万円投資、
賞与時に10~20万円投資してました。
また、結婚しても妻を養っていけると実感が持てたのも
年収700万円でした。
ちなみに年収700万円超えた際に結婚しました。

世帯収入1,500万円

こちらもお金の心配はありません。
家族4人いますが、
子どもの習い事などにちゅうちょせずに投資できます。
収入の15%~20%は投資できる余裕もあります。
食べたいときに外食に行けますし、
買いたいものは大抵買えます。
(もちろん高級すぎるものはNGです)
年数回の家族旅行にも行けます。
一般的な生活する分にはお金の心配はなく、
貯蓄・投資ができています。
逆に世帯年収1,200万円くらいだと
家族旅行に行くのに悩む感じです。
収入の10%~15%を貯蓄・投資にまわせる感じだった記憶があります。
もちろん、ものすごい贅沢をするわけでもないし、
ものすごく質素しているわけでもないといった生活です。
1人あたり3万円の高級ディナーを毎週食べにいくなんてやると
貯蓄・投資にまわせるお金は無くなります。

純金融資産1億円

純金融資産とは、金融資産―借金(借入)でプラス1億円がある人です。
例えば家を購入し、家を完成した上で、貯金や株券の合計で1億円あるということです。
これは、まだ未体験ゾーンなので想像になります。
が、資産1億円あれば、3%の運用で年間300万円の収入があり、
家は、修繕費、管理費、固定資産税だけ払えばいいので、
いざとなれば、働かなくても生きていけるという安心感があると思います。

資産形成, 雑談の関連記事
  • 幸福度の頂点の年収、世帯収入、資産っていくら?
  • 億万長者になる方法!米国で資産1億円超えの1,000人超の調査より
  • 賃貸か購入か 体験談より結論
  • お金が貯まる!ストレス少ない!共働き夫婦のお金・お財布事情
  • 財布は持たない。キャッシュレスで効率化&特典でお得な生活
おすすめの記事
電気代15%減!利用する部屋を減らす
生活コストを下げる
夫です。 年々、電気代のベースが上がっており、 家計の大きな負担になっていると思います。 4人家族になり、3LDKの家に住み、 冬になるとび...